埋没毛(黒いポツポツ)の原因と対処

キレイモ 通い放題 回数無制限 全身脱毛

キレイモの通いホーダイ料金を徹底解説!永久に脱毛できる!

ホクロのような見た目のため、最初は気にならないのですが、良く見ると皮膚の薄皮の下にムダ毛が丸まって生えている状態が埋没毛です。原因は毛穴が塞がって毛が出られない状態にあるためで、色々な要素によって起こりますが、主にカミソリなどの自己処理によって起こります。ムダ毛は綺麗に処理できたものの、毛穴を傷つけてしまいかさぶたができると、自然治癒によって毛穴が塞がって毛が出られなくなります。

 

対処方法
針や毛抜きなどでほじくり出すという方法もありますが、肌を傷つけてしまうため傷跡が残りやすくなります。時間と共に分解されて消失するので、放置しておくというのもひとつの手ですが、稀に色素沈着を起こしたり炎症を起こすこともあるので注意しなければいけません。色素に反応するレーザーを照射することで、埋没毛を破壊することもできるので、レーザー脱毛を受けるという方法もあります。

 

 

色素沈着の原因と対処。

色素沈着と言うと若干専門的に感じられてしまうのですが、シミや肝斑と言えば誰もが耳馴染みがあるものです。
肌が本来よりもくすんで見えてしまう上に、暗く見えてしまい顔色が優れない印象になります。
こうした症状が起こる主な原因としては、摩擦と刺激が関係しています。
洗顔時に必要以上に強い力で擦ったり、衣服などで摩擦を与えることで起こります。
一般的に、色素沈着は肌の深層部で生じている事なので、一度見舞われてしまうと完治できないと考えられています。
しかし、生活習慣を見直すことで対処することができ、確実に快方に向かいます。
そのためには、紫外線対策を念入りに行うといった対処法が最も重要になるので、日傘を用いるなど徹底的に紫外線を避けましょう。
あとは、ムダ毛の自己処理をできるだけなくすことです。
カミソリの刃は肌をとても痛めつけます。
はやめにエステなどで脱毛してしまい、あとは、保湿、黒ずみをなくすクリームなどを活用すると解決するでしょう。


今月のお得キャンペーンはコチラ

↓↓↓